【コラム】過去に自己破産していても過払い請求は可能

2015.12.18

解決策

過去に自己破産の経験があるという方でも、当時は破産債権者だった貸金業者に対して過払い請求することは可能となっています。特に、自己破産の申立が過払い請求ブーム以前だったという方は、過払い金の存在をいちいち確認せずに自己破産していた場合があるのです。

現在、自己破産の申立時に過払い金の存在は必ず確認されていますが、当時はそのままにされていたなんてこともあります。過去に自己破産をしたけど、実は過払い金が発生していたのでは?と思う方は、必ず専門家に相談してみてください。

───────────────────────────────
■ 貸金業者は過払い金を知っていて黙認していた
───────────────────────────────

過去に自己破産したということは、一見するとその際の債権者だった貸金業者との取引はすべて終了したようにも見えます。それにも関わらず後になって過払い請求するなんて都合がよすぎるのでは?と考える方がいてもおかしくはありません。
しかし、ご安心ください。過払い金請求は正当な権利なのでこういった心配は無用です。
というより、貸金業者は自己破産の手続き時、過払い金については知っていて静観していた可能性が強いのです。貸金業者ですから、当然過払い金の存在は知っていたはずです。
しかし、このまま自己破産の手続きさえ終われば、過払い請求されないと考え静観していたのです。こうした悪質な行為を保護する理由はありません。

───────────────────────────────
■ 後から過払い請求しても過去の自己破産に影響はない
───────────────────────────────

とはいえ、過払い請求するにしても心配な点が出てきます。
本来であれば、自己破産の手続き時に清算されるべき過払い金だったため、これを後から請求するとなると、自己破産は無効になり、回収した過払い金から返済しなければいけないのでは?といった点、どうしても心配になります。

しかし、後から過払い請求したとしても、過去の自己破産の効力が変更されるようなことはありません。手に入った過払い金はすべて自身の自由に処分することが可能ですし、いちいち裁判所に報告する必要などもありません。安心して過払い請求をしてください。

───────────────────────────────
■ 過払い金の可能性を感じたらすぐに専門家に相談を
───────────────────────────────

冒頭で触れたように現在は、自己破産時に過払い金の確認は必ず行われています。これがされていなかったのは、今から10年近く前のことになるため、時効の心配もしなければなりません。過払い金は最後の取引から10年で時効となってしまうため、過去に自己破産をした経験があり、過払い請求ができる方というのは、日を追うごとに時効が迫っているのです。

よって、少しでも早く過払い金について確認するため、過去に自己破産の経験があり、過払い金の可能性を感じたという方は、すぐに専門家に相談するようにしてください。

今回の解決策「過払い金の調査」について

無料でお金が戻ってくるか調べます!

『過払い金無料調査』とは、あなたの過払い金を調査し、その金額をお教えするサービスです。
調査のみなので、信用情報にも影響することはありませんし、費用もかかりません。
過払い金が見つからなくても一切費用をいただくことはありませんし、過払い金が見つかっても返還請求のご依頼を強要する事もありません。
簡単な債務情報(取引年数、取引業者)だけで正確な過払い金額がわかるので、少しでも気になる方はお気軽にご相談ください。

お問い合わせ

メールアドレス必須

例)test@test.com
お名前必須

例)久米 修司
TEL必須

例) 0120-987-740
お住まいの地域必須
お問い合わせ内容必須
借入総額必須
およその借入期間必須
ご相談詳細(任意)

24時間以内にご連絡させていただきます。

関連記事

ひかり法律事務所

私たちは借金問題に挑み続ける法律事務所です。
ひと味違う解決策。目標は、債務整理の解決率No.1。

TEL : 0120-987-740

〒108-0014
東京都港区芝5丁目26番30号
専売ビル7階

事務所ホームページ >

©HIKARI LAW OFFICE All Right Reserved.

ページの先頭へ