妹の紹介で過払い請求

(岩手県/女性)

2016.05.31

解決結果

戻ってきた過払い金額 / 
850万円
借入期間 / 
15年~20年
借入総額 / 
残高200万円
借入業者・件数 / 
6件
  ・オリコ
  ・エポス
  ・ニコス
  ・イオン
  ・ポケットカード
  ・セディナ

過払い金の請求

借金の経緯

ご家族や親族の方からの紹介で過払い金の存在を知ったという方は相談の現場でもよく見かけます。現在、過払い金についてはテレビコマーシャルや電車のつり革広告などでよく目にしますが、それでも普段からまったく気にかけていない方は、気付かないというのはよくある話です。もし、自分の周りに過払い金請求をご存じでないご家族や親族の方がいらっしゃるのであれば、ぜひ、当事務所のことをお話ししていただけたらと存じます。今回ご紹介させていただく岩手県にお住まいのIさん(女性)も、過払い金についてまったく知らずにいたところ、妹さんからの紹介で当事務所を知ったとのことです。それでは、Iさんが過払い金を手にする経緯も見ていきましょう。Iさんは昔から生活費の足しや子どもの教育費などで借入を繰り返していました。その後、何社かは完済していたのですが、それでも現在も200万円近い借金が残っていました。妹さんに過払い金の相談をしたほうが良いと言われたときも、完済から何年も経っている貸金業者も数社あり、どうせ過払い金なんて手に入らないと諦めつつも相談に来られたそうです。

解決策

実際にIさんの借入について聞いてみると、昔のことでほとんど覚えていないとのことだったのですが、信用情報を照会するなどして以下の借入業者と借入期間を把握することができました。オリコ:20年 エポス:15年 ニコス:20年 イオン:15年 ポケットカード:15年 セディナ:20年このうち、比較的取引期間の短かったイオン・ポケットカードについてはすでに完済から10年が経過して時効になっていたのですが、その他に業者に対してはすべて過払い金請求を行い、最終的に合計850万円の過払い金の回収に成功しています。中には裁判にまで発展してしまい、回収に時間がかかった業者もありますが、金額を重視してほしいとのIさんのご要望があったため、大変満足とのお言葉をいただきました。

相談者に今後のアドバイス

Iさんは「こんなにうれしいことはない」と喜ばれており、照会してくれた妹さんと温泉旅行にいくのだとわざわざご一報入れてくださいました。今回は本当にお疲れさまです。Iさんのように、何気ない紹介から多額の過払い金を手にする方がいるかもしれません。もし、お近くに同じようなご家族、ご親戚、ご友人がいらっしゃいましたら、過払い金相談を勧めてみてはいかがでしょうか?

担当スタッフ

樋口勇人

弁護士
所属:ひかり法律事務所

樋口勇人

一生懸命依頼者のために尽くせば その想いは伝わると思います。

※140万円を超える案件は弁護士がメインで担当させていただいております。

今回の解決策「過払い金の請求」について

実はあなたにも払い過ぎが!

『「お金が戻ってくる?」「過払い金?」そんなウマい話あるわけない。 自分には関係ない』そう思っていませんか?払いすぎたお金が返金される過払い金の総額は、今や10兆円を超えているとも言われています。 つまりこれは借金している(いた)人が2000万人として一人50万円の過払い金がある計算になります。 特に意識していなくても『調べてみたら自分にも過払いがあった』というケースは非常に多いです。 ほんの少しでも心当たりがあれば無料で調査いたしますので、是非ご相談ください。

関連記事

ひかり法律事務所

私たちは借金問題に挑み続ける法律事務所です。
ひと味違う解決策。目標は、債務整理の解決率No.1。

TEL : 0120-987-740

〒108-0014
東京都港区芝5丁目26番30号
専売ビル7階

事務所ホームページ >

©HIKARI LAW OFFICE All Right Reserved.

ページの先頭へ