過払い金があるか手軽に知る方法

2016.09.27

解決策

払い金があるか手軽に知る方法があれば相談も気軽に行けるのに・・・こういったお考えをお持ちの方はたくさんいらっしゃいます。わざわざ専門家に相談までしにいったのに過払い金がなかった上に、話まで聞いてもらった申し訳ないと感じてしまうのです。実際は専門家に対して申し訳ないといった感情は必要ないのですが(その疑問をお答えするのが専門家のお仕事なので)、それでも気にしてしまう方は気にしてしまいます。そこで今回は、過払い金があるか手軽に知る方法についてご紹介させていただきます。

■過去の支払い履歴や契約書を探してみる
過払い金があるか知るには、なによりも過去の情報が重要になります。今現在の情報だけでは、過払い金が発生しているかどうか見極めることはできません。貸金業者は過払い請求されたくないため、過払い金の有無を示唆する情報を積極的に出そうとはしません。そこで、過去の支払い履歴や契約書といった契約当初の書面を探してみましょう。そこには必ず約定利率が記載されているはずです。過払い金は、過去と現在の上限利率の違いが理由で生じている払いすぎた利息なので、利息に注目するのが大切です。

■遅延損害金の利率は元から高い
もし、過去に29.2%といった高利で借入をしていて、現在はすでに完済している場合、過払い金が発生している可能性が非常に高いです。完済していなかったとしても過払い金が発生している可能性はありますし、過払い金とまではいかなくても借入元金が減額される可能性があります。過去の履歴を振り返って、15~20%以上の利率を見つけたら、必ず専門家に過払い金の確認をしてもらいましょう。ただし、遅延損害金の利率は元から高くなっていますので要注意です。あくまでも、約定日に返済した場合に高利を取られている場合です。

■平成18年前後の取引が鍵
過払い金を知るためには、いつ頃の取引だったか確認するのも有効です。はじめて過払い金が最高裁判所に認められたのが平成18年であるため、この前後に借り入れがあったという方は、過払い金が発生している可能性が高いです。多くの貸金業者は、最高裁判所が過払い請求を認めるや否や(もちろんその前にも)、こぞって利率を下げています。過去に利率変更といった通知がきていた方は、平成18年前後のことだった可能性が高く、一度、専門家に相談してみる価値が十分にあると言えます。なお、当事務所であれば、過払い金発生の有無に関わらず、すべて無料で調査を実施しております。過払い金に自信がない方も、ぜひ、お気軽にご相談ください。

今回の解決策「過払い金の調査」について

無料でお金が戻ってくるか調べます!

『過払い金無料調査』とは、あなたの過払い金を調査し、その金額をお教えするサービスです。
調査のみなので、信用情報にも影響することはありませんし、費用もかかりません。
過払い金が見つからなくても一切費用をいただくことはありませんし、過払い金が見つかっても返還請求のご依頼を強要する事もありません。
簡単な債務情報(取引年数、取引業者)だけで正確な過払い金額がわかるので、少しでも気になる方はお気軽にご相談ください。

関連記事

ひかり法律事務所

私たちは借金問題に挑み続ける法律事務所です。
ひと味違う解決策。目標は、債務整理の解決率No.1。

TEL : 0120-987-740

〒108-0014
東京都港区芝5丁目26番30号
専売ビル7階

事務所ホームページ >

©HIKARI LAW OFFICE All Right Reserved.

ページの先頭へ