亡き夫の遺品を整理していたら借金判明

(福岡県/女性)

2014.03.26

解決結果

戻ってきた過払い金額 / 
250万円
借入期間 / 
10年
借入総額 / 
約100万円
借入業者・件数 / 
2件:アコム、新生銀行
解決費用 / 
60万円

過払い金の相続

解決策

亡くなったご主人の遺品を整理していたら
過去に借入していた経歴が分かるものが出てきました。
しかし、完済しているのかは不明。
相続からの委任状を元に調査をして、完済しているかの
確認をしたうえで、過払い金の請求をしました。

相談者に今後のアドバイス

ご本人が亡くなってから借金が判明することは
結構あります。時間が経っていてもいなくても
借金の事実が判明したときは本当に不安だと思います。
まだ他にも借り入れが残っているか、ご心配であれば
いつでもご連絡くださいね。

担当スタッフ

秋和雄一

司法書士
所属:ひかり法律事務所

秋和雄一

元添乗員のサービス精神で 明るい未来に導けると思います

※140万円を超える案件は弁護士がメインで担当させていただいております。

今回の解決策「過払い金の相続」について

このままだと故人は気の毒!

「ウチの死んだじいさんは借金こそ残さなかったけど、生前はよく借金の返済してたなぁ」 そんなあなたは、もしかしたらお金を受け取れるかもしれません。 もしあなたの亡くなった親族に生前に借金(今は完済している)があって、過払い金が発生していたら、その請求権も相続されるんです。 「もう死んでしまってるから調べようがないんだよなぁ」という方。ご安心ください。 生前生後に関わらず、過払い金の有無は無料で調べる事が出来るんです。少しでも心当たりがある方は是非一度ご相談ください。

関連記事

ひかり法律事務所

私たちは借金問題に挑み続ける法律事務所です。
ひと味違う解決策。目標は、債務整理の解決率No.1。

TEL : 0120-987-745

〒108-0014
東京都港区芝5丁目26番30号
専売ビル7階

事務所ホームページ >

©HIKARI LAW OFFICE All Right Reserved.

ページの先頭へ