こんな場合、過払請求は可能か?

(埼玉県/女性)

2014.08.18

解決結果

戻ってきた過払い金額 / 
200万円
借入期間 / 
15年
借入業者・件数 / 
3件:ニコス、オリコ
           イオンクレジット
解決費用 / 
49万円

過払い金の請求

解決策

公共料金や携帯料金の支払い方法を銀行引き落としや、コンビニ払いに変更すれば、カードが使えなくなっても払っていけることを説明しました。ETCについてはデポジット制のETCがあるので、クレジットカードがなくなっても使用できる旨もご案内いたしました。公共料金等の支払方法を変更し、クレジットカードの残金が無くなってから介入。費用は戻ってきた過払金より支払うという内容にて手続きを進めました。

相談者に今後のアドバイス

以前から過払金の請求をしようと思っていたが、公共料金等の支払いをクレジットカードでしていた為、過払い請求をしたら嫌がらせをされるのではないかと思い躊躇していたとの事。支払方法の変更はご自身で出来ることがわかり安心して手続きをすることが出来たと喜んでおられました。

担当スタッフ

山本光世

司法書士
所属:ひかり法律事務所

山本光世

話すのが好きです。 相談に乗るのが得意なんです。

※140万円を超える案件は弁護士がメインで担当させていただいております。

今回の解決策「過払い金の請求」について

実はあなたにも払い過ぎが!

『「お金が戻ってくる?」「過払い金?」そんなウマい話あるわけない。 自分には関係ない』そう思っていませんか?払いすぎたお金が返金される過払い金の総額は、今や10兆円を超えているとも言われています。 つまりこれは借金している(いた)人が2000万人として一人50万円の過払い金がある計算になります。 特に意識していなくても『調べてみたら自分にも過払いがあった』というケースは非常に多いです。 ほんの少しでも心当たりがあれば無料で調査いたしますので、是非ご相談ください。

関連記事

ひかり法律事務所

私たちは借金問題に挑み続ける法律事務所です。
ひと味違う解決策。目標は、債務整理の解決率No.1。

TEL : 0120-987-745

〒108-0014
東京都港区芝5丁目26番30号
専売ビル7階

事務所ホームページ >

©HIKARI LAW OFFICE All Right Reserved.

ページの先頭へ