【コラム】裁判所からの支払い督促・訴状が届いたら

2015.04.15

解決策

貸金業者への返済が滞れば、必ずといっていいほど自宅には支払いを催促する通知が届くことになります。しかし、それでもなお支払いをしないでいると、度重なる電話や通知による催促の後、最終的には裁判所からの封筒が届くことになります。
これがどういったことを意味しているかというと、貸金業者から裁判を提起されたということです。裁判所からの通知を放っておくと、後々取り返しのつかないことになりかねないため、必ず適切な対応をしましょう。

───────────────────────────────
■ 裁判所からの通知を放っておくと・・・
───────────────────────────────

裁判所からの通知が届いているというのに、今までと変わらず放置をしていると、
強制執行手続きに移られてしまう危険性があります。実は、貸金業者から届いていた通知
というのは、どれだけ放っておいても法的な拘束力が生じることはありません。
しかしながら、裁判所からの通知を放っておくと、貸金業者に「確定判決」や「仮執行宣言付き支払い督促」といった債務名義を取得されてしまいます。債務名義とは、対象者に対して強制執行できる権利をいい、これを取得されると銀行の預金や会社からの給与、その他の財産を強制的に差押えることが可能となります。

気付くと預金が0円になっていた、なんの予告もなしに職場に給与差し押さえの通知がきた、といった事態に発展してしまう可能性が十分にあるというわけです。

───────────────────────────────
■ 支払い督促が届いた場合の適切な対処
───────────────────────────────

裁判所から支払い督促が届いた場合は、中身をよくチェックし、同封されている「督促異議申立書」を指定された期限内に提出しましょう。支払い督促という手続きは、異議申立がされることによって、通常訴訟へと移行することになり、即座に債務名義を取得されてしまう事態を回避することが可能となっています。

異議の理由についてはどういったものでも構いません。ここで重要なのは、異議申立書を提出するということです。とはいえ、こちらは単に時間稼ぎにしかなりませんので、この間に返済についても検討する必要があるといえます。

───────────────────────────────
■ 訴状が届いた場合の適切な対処
───────────────────────────────

裁判所から届いた書面が訴状であった場合、こちらが提出すべき書類は「答弁書」です。答弁書についても支払い督促の時と同様に、ほとんどの場合で同封されていますので、封筒の中身をよくチェックしてみましょう。答弁書が提出されないでいると、初日に判決が出てしまうこともあるため、必ず提出しなければなりません。

───────────────────────────────
■ 請求自体が取り下げられるわけではない
───────────────────────────────

異議申立も答弁書も一時しのぎにしかならず、貸金業者からの請求自体が取り下げられるわけではありませんので、どうしても返済ができそうにないのであれば、必ず専門家に相談をし、適正な債務整理手続きを取るようにしましょう。

今回の解決策「任意整理」について

借金を減らして返済をラクに!

しつこい督促の電話や多額な返済に頭を悩ませていませんか?
そんなあなたの悩みを解決するのが「任意整理」です。 「任意整理」はあなたの借金を大幅に減額させたり、無理のない返済の交渉、さらに完済までの利息カットの交渉をする手続きです。 もちろん依頼したその日から督促の電話は無くなります。 しかも契約後解決まで最短三ヶ月!さらに身内や会社など、誰にも知られることなく出来るというのも任意整理のメリットです。

お問い合わせ

メールアドレス必須

例)test@test.com
お名前必須

例)久米 修司
TEL必須

例) 0120-987-740
お住まいの地域必須
お問い合わせ内容必須
借入総額必須
およその借入期間必須
ご相談詳細(任意)

24時間以内にご連絡させていただきます。

関連記事

ひかり法律事務所

私たちは借金問題に挑み続ける法律事務所です。
ひと味違う解決策。目標は、債務整理の解決率No.1。

TEL : 0120-987-740

〒108-0014
東京都港区芝5丁目26番30号
専売ビル7階

事務所ホームページ >

©HIKARI LAW OFFICE All Right Reserved.

ページの先頭へ