借金90万円が過払い金600万円に

(香川県/女性)

2015.06.26

解決結果

戻ってきた過払い金額 / 
600万円
借入期間 / 
27年
借入総額 / 
90万円
借入業者・件数 / 
2件:アコム、プロミス

過払い金の請求

借金の経緯

日頃のストレス発散のため、休みの日をついついギャンブルに費やしてしまうという方、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか?今回の相談者であるUさんも、若いころからストレス発散のために、休みの日はパチンコや競馬をするようになっていきました。その習慣がなかなか抜けず、大人になった今もそれが当たり前になっていたのです。週末は必ずといったいいほどギャンブルに興じるUさんでしたが、比較的、節度を守ってギャンブルを楽しむことができていたため、返済がしきれないほど借金が膨らむことはありませんでした。

その後、Uさんはそろそろ借金を完済したいと考えるようになり、5年ほど前から借入をしない範囲内でギャンブルを楽しんでいました。そんなある日、Uさんが毎週のように通っていたパチンコ店へ足を運ぶと、ギャンブル仲間が過払い金を手にしたという話を耳にしました。Uさんは、若いころから返済と借入を繰り返していたため、自分にも過払い金が発生しているのではないかと考え、そのギャンブル仲間に詳しい話を聞いてみたところ、当事務所を紹介されたとのことでした。

解決策

当事務所にてUさんの借入について詳しい話を聞いてみたところ、Uさんはアコムとプロミスからそれぞれ27年間にも渡って取引を継続してきたとのことでした。これは間違いなく過払い金が発生していると踏み、実際に過払い金の調査をしたところ、多額の過払い金が発見されました。

最終的に、もともと残債が35万円残っていたアコムとは、過払い247万円にて和解、残債が55万円残っていたプロミスとは、過払い353万円にて和解をすることになりました。つまり、90万円あった借金が0になっただけでなく、600万円もの過払い金を手にすることになったのです。

相談者に今後のアドバイス

Uさんは、ギャンブル好きのおかげで大金が手に入ったと大変喜んでいましたが、厳密に言えばギャンブル好きのおかげというわけでもありませんね。ギャンブルは決して悪いことではありませんが、あくまでもストレス解消程度を目途にあまりやりすぎないようにしましょう。

また、今回の過払い金は、突如湧いた大金ではなく、Uさんがコツコツと返済されてきた結果、手元に戻ってきた過払い金です。ギャンブルに使いすぎることなく、有意義にお使いいただけたらと思っております。これからもお体には気を付けて、どうか健康でいてください。

今回の解決策「過払い金の請求」について

実はあなたにも払い過ぎが!

『「お金が戻ってくる?」「過払い金?」そんなウマい話あるわけない。 自分には関係ない』そう思っていませんか?払いすぎたお金が返金される過払い金の総額は、今や10兆円を超えているとも言われています。 つまりこれは借金している(いた)人が2000万人として一人50万円の過払い金がある計算になります。 特に意識していなくても『調べてみたら自分にも過払いがあった』というケースは非常に多いです。 ほんの少しでも心当たりがあれば無料で調査いたしますので、是非ご相談ください。

関連記事

ひかり法律事務所

私たちは借金問題に挑み続ける法律事務所です。
ひと味違う解決策。目標は、債務整理の解決率No.1。

TEL : 0120-987-740

〒108-0014
東京都港区芝5丁目26番30号
専売ビル7階

事務所ホームページ >

©HIKARI LAW OFFICE All Right Reserved.

ページの先頭へ