旧姓で借りた借金、請求できるか?

(千葉県/女性)

2014.10.07

解決結果

戻ってきた過払い金額 / 
90万円
借入総額 / 
150万円
借入業者・件数 / 
3件:エポス、クレディ
            ニコス
解決費用 / 
27万円

過払い金の請求

解決策

旧姓や旧住所での借り入れであっても同一人物ということがわかれば手続きはできることを説明し、進めることになりました。また、ご主人も現在ニコスを利用しており、自分が過払い請求をするとご主人に迷惑がかかるのではないかとご心配されていたが、ご主人の取引についてはなんら影響は無い事を説明しました。

相談者に今後のアドバイス

旧姓でも請求できるとわかり、もう一つの心配事、ご主人が利用しているニコスへの影響も当然なく、結果として想像以上の過払いが戻ってきて、本当に喜んでおられました。お手伝いができて私共もうれしく思います。

担当スタッフ

樋口勇人

弁護士
所属:ひかり法律事務所

樋口勇人

一生懸命依頼者のために尽くせば その想いは伝わると思います。

※140万円を超える案件は弁護士がメインで担当させていただいております。

今回の解決策「過払い金の請求」について

実はあなたにも払い過ぎが!

『「お金が戻ってくる?」「過払い金?」そんなウマい話あるわけない。 自分には関係ない』そう思っていませんか?払いすぎたお金が返金される過払い金の総額は、今や10兆円を超えているとも言われています。 つまりこれは借金している(いた)人が2000万人として一人50万円の過払い金がある計算になります。 特に意識していなくても『調べてみたら自分にも過払いがあった』というケースは非常に多いです。 ほんの少しでも心当たりがあれば無料で調査いたしますので、是非ご相談ください。

関連記事

ひかり法律事務所

私たちは借金問題に挑み続ける法律事務所です。
ひと味違う解決策。目標は、債務整理の解決率No.1。

TEL : 0120-987-745

〒108-0014
東京都港区芝5丁目26番30号
専売ビル7階

事務所ホームページ >

©HIKARI LAW OFFICE All Right Reserved.

ページの先頭へ