過払金1360万円の取り戻しに成功

(大阪府/男性)

2015.08.12

解決結果

戻ってきた過払い金額 / 
1360円
借入期間 / 
13年~19年
借入総額 / 
800万円
借入業者・件数 / 
5件:プロミス、アコム
           新生フィナンシャル
           オリエント
           ニコス

過払い金の請求

借金の経緯

今回は、1000万円を超える過払い金を手にした、大阪府にお住いのWさんのご相談について詳しくご紹介させていただきます。

Wさんは、40代のころ転職したことをきっかけに借入をし始めました。主に生活費の不足に充てていたのですが、中々収入が安定せずに、約20年、全部で5社の貸金業者から借入をし、一時は800万円近くまで借金が積もってしまったこともありました。
その後、Wさんは平成20年ころに会社を退職し、その際の退職金を使って全社からの借金を完済しています。退職金のほとんどを返済に充ててしまったため、奥様にはめっぽう怒られたそうです。完済後は、奥様と共に細々と年金による生活を送ってきたのですが、ラジオで過払い金のことを知り、もしかしたら自身にも過払い金が発生しているのではないかと思い、当事務所にご相談へと来られました。

解決策

詳しい話を聞いてみたところ、Wさんが借り入れをしていた貸金業者と各取引期間は、プロミスから19年、新生フィナンシャルから18年、アコムから16年、オリエントコーポレーションから16年、三菱UFJニコスから13年となっていました。いずれもすでに完済済みとなっていたため、まずは取引履歴を取り寄せるところからスタートしました。

取り寄せた取引履歴を引き直し計算してみたところ、すべての貸金業者から200万円を超える過払い金が発生していることが判明したのです。その後、Wさんからは過払い金の回収についてもご依頼いただき、最終的に、プロミスとは過払い291万円で和解、新生フィナンシャルとは過払い231万円で和解、アコムとは過払い175万円で和解、オリエントコーポレーションとは過払い188万円で和解、三菱UFJニコスとは過払い475万円で和解することになりました。合計で1360万円の過払い金の取り戻しに成功したのです。

相談者に今後のアドバイス

Wさんは、まさかこれほどの大金が手元に入るとは思っていなかったようで、「一度はすべて支払ってしまった退職金が戻ってきてくれたようだ」、と大変喜んでくださいました。
これからもまだまだ楽しいことがあると思いますので、今回の過払い金はそのための資金にしていただけたらと思います。当事務所としても、Wさんの過払い金回収のお手伝いができて光栄に思っております。これからも変わらず、いつまでもお元気でいてください。

担当スタッフ

秋和雄一

司法書士
所属:ひかり法律事務所

秋和雄一

元添乗員のサービス精神で 明るい未来に導けると思います

※140万円を超える案件は弁護士がメインで担当させていただいております。

今回の解決策「過払い金の請求」について

実はあなたにも払い過ぎが!

『「お金が戻ってくる?」「過払い金?」そんなウマい話あるわけない。 自分には関係ない』そう思っていませんか?払いすぎたお金が返金される過払い金の総額は、今や10兆円を超えているとも言われています。 つまりこれは借金している(いた)人が2000万人として一人50万円の過払い金がある計算になります。 特に意識していなくても『調べてみたら自分にも過払いがあった』というケースは非常に多いです。 ほんの少しでも心当たりがあれば無料で調査いたしますので、是非ご相談ください。

関連記事

ひかり法律事務所

私たちは借金問題に挑み続ける法律事務所です。
ひと味違う解決策。目標は、債務整理の解決率No.1。

TEL : 0120-987-745

〒108-0014
東京都港区芝5丁目26番30号
専売ビル7階

事務所ホームページ >

©HIKARI LAW OFFICE All Right Reserved.

ページの先頭へ